春からの各種予防について

暖かくなり、動物たちの行動範囲も広くなりケガや感染症が多くなる時期となりました。
その為、各種病気の予防の継続、又は新たな予防を始めるには大切な時期となります。

<狂犬病>
○当院でも予防できます。(3月2日から新年度の扱いとなります)
県西部(射水市、高岡市、氷見市、南砺市、砺波市、小矢部市)、及び富山市の方は、
注射後の手続き(鑑札・注射済票の発行)を当院で代行致します。

<混合ワクチン>
○前回接種より一年以上経過している場合や未接種の場合は早急に接種されることを
おすすめします。

<猫の避妊・去勢手術>
○外に出ることによる交通事故や喧嘩による外傷、感染症の危機から猫を守るため、
発情が始まるこの時期に手術をおすすめします。

<内部寄生虫>
○ズーノーシス(人獣共通感染症)予防のために、3ヶ月に1回(3月、6月、9月、12月)の
腸内寄生虫の定期駆虫をおすすめします。

*詳しくは当院までご連絡下さい。      


吉田動物病院 院長
 

春の予防シーズン到来!

IMG_0623.JPGのサムネール画像 IMG_0624.JPG

IMG_0625.JPG IMG_0627.JPG

IMG_0626.JPG



県内でも医療従事者の方から新型コロナウイルス感染症の予防ワクチン接種が始まりました。
動物達にとってもワクチンを含む感染症の予防対策の重要性は同じです。
当院では3月2日より昨年フィラリア予防完了の方からフィラリア検査が始まります。
また、この血液検査と同時に狂犬病の予防接種や他の血液検査(一般内臓検査や混合ワクチン抗体価など)も可能です。
加えて3月からの内部寄生虫や外部寄生虫としての内服もお渡しできます。
ご不明な点は来院時にスタッフにお尋ねください。              
                                               院長
                                                                                                                             

フィラリア完了.png


コロナ外!福は内!

まだまだ新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、終息が見えません。
不要不急の外出禁止、三密を避けステイホーム、と飼い主さんのストレスがたまる一方です。
動物達にとっても、今までとは違う環境状況の為、同様なストレス状態になります。
食欲不振を繰り返す、下痢等..異常を観察された時は早めの受診を心がけて下さい。
                 
                             院長 吉田俊一

IMG_0548.JPGのサムネール画像 IMG_0549.JPG 

IMG_0550.JPG IMG_0551.JPG

IMG_0552.JPG

明けましておめでとうございます


明けましておめでとうございます。
昨年はコロナの為、動物達もステイホームの時間が長くなり
人と同様に心身に影響を受けた結果、病気になるケースが多くありました。
今年は健康維持の為には、今まで以上に定期検診の重要性が増していると思われます。

                                  院長


IMG_0504.JPG IMG_0503.JPG

IMG_0502.JPG IMG_0501.JPG  

IMG_0500.JPG



冬の注意事項


◆ウイルスによる感染症
冬は気温の低下や空気の乾燥などで病気に対する抵抗力が低下します。人と同様に犬や猫も体調を崩しやすいため、ウイルスによる感染症には気をつけてください。
※感染症の中には、ワクチンで予防できるものもあります。詳しくは当院までご相談下さい。

◆トイレ(猫)
冬は寒さから飲水量の減少・体力の低下などにより、膀胱炎や泌尿器系の病気になりやすい季節です。
特に雄は尿道が詰まり、尿が出なくなる場合があります。
日頃からトイレの状況を観察しましょう。
※病気の予防には食事も重要です!食事管理のご相談も承っていますので、当院までお気軽にご相談ください。

◆温度管理
室内飼いの場合、日中と夜間の温度差が大きいとストレスの原因にもなりますし、
散歩などで屋外に出たときの極端な温度差もよくありません。
屋外で飼っている場合は玄関に入れたり冷風や雪が入らないように壁を作るなどの寒さ対策をしてください。
高齢の動物や慢性の疾患を持つ場合は特に注意が必要です。
※ペットヒーターによる低温やけどが増えてきました。気をつけましょう!
image[2].jpg

敬老の表彰を行いました


9月15日(火)より2020年度の敬老の表彰を行いました。
今年は
☆小型犬・中型犬(15歳以上) 90匹
☆大型犬(12歳以上) 10匹
☆猫(15歳以上) 65匹 
☆うさぎ(6歳以上) 2匹
☆鳥(6歳以上) 9匹
☆フェレット(6歳以上) 2匹
の計178匹の飼い主様が表彰を受けられます。

表彰を受けられる方に
★表彰状
★粗品
★ランキング表
をお渡し致します。2020年10月31日までに当院受付までお越し下さい。

表彰を受けられる皆様、おめでとうございます。表彰は来年も行う予定です。
また一年、健やかにお過ごし下さい。

ランキング表画像.pngのサムネール画像

                          吉田動物病院院長 吉田俊一