大暑に入り

夏本番の暑さに向かっています。
今年は例年以上に暑くなるとの予報もあります。
室内にいる場合は熱中症をおそれるばかりに室温を下げる結果、逆にクーラー病である呼吸器症状(せきやくしゃみ)や消化器症状(嘔吐や下痢)が出ないようにくれぐれもご注意ください。

IMG_1432.JPG IMG_1434.JPG

IMG_1435.JPG IMG_1436.JPG

IMG_1437.JPG IMG_1438.JPG

エキゾチックアニマルの臨床セミナーに参加してきました

7月16日に仙台で開催された。
エキゾチックアニマルというのは広義で犬猫以外の飼育動物のことを指します。
今回はウサギ、フェレット、ハリネズミ、モルモット、小鳥をはじめとする様々な種類のエキゾチックアニマルに焦点を当て、それぞれの臨床兆候から的確な診断・治療を行うためのファーストステップを学ぶセミナーでした。
すでに知っている基礎的な事項の再確認から、最新の知見による知識のアップデートまで、非常に役立つ内容でした。

エキゾチックアニマルは体が小さく動きも素早いので、検査にあたって短時間の麻酔が必要だったり、状態によっては詳細な検査ができないこともあります。
また、おうちでお薬を飲ませるのが困難な子もいると思います。
当院では飼い主様とお話しさせて頂いたうえで、飼い主様と動物の双方にとって負担の少ない検査・治療を提案させて頂いております。
診察に際し、気がかりなことがあればお気軽にご相談ください。

IMG_1142.JPG

山本茜

お盆休みのお知らせ

8月13日(日)・14日(月)・15日(火)は休診となります。

急患の場合は留守番電話に診察券NO・お名前・用件を録音して下さい。

診察可能な場合は10分以内にご連絡致します。

16日(水)より通常通り診察致します。

獣医神経病学会に参加してきました。

7月8〜9日に東京で開催された獣医神経病学会2017に参加してきました。

今回の主要なテーマはMRI検査や放射線治療についてでした。MRIは主にCTでは実施できない脳や脊髄の画像検査に対して用いられます。

昔に比べて機器の性能も上がり、技術も向上しているため画像から様々な情報を得ることができるようになっています。

これにより脳や脊髄についてさらに詳しく診断できるようになっています。また腫瘍に対して行う放射線治療も日々進歩しており、副作用をできる限り少なく、そしてより効果的な治療ができるように研究がなされていました。

直接当院で実践できる内容ではありませんが、ペットの高齢化により神経の腫瘍に遭遇する機会も増えているため、現在行える最新の検査・治療について学ぶ良い機会になりました。

 淺田先生.JPG

淺田慎也

第17回日本獣医がん学会に出席しました。

 今回のメインテーマは消化器型リンパ腫です。

 猫では悪性腫瘍(がん)の約30%は造血器系(血液関係)腫瘍であり、その5090%がリンパ腫です。以前は若い猫で胸に水が貯まるタイプが多かったのですが、最近は10歳以で腸に腫瘍ができるタイプが多くなっています。その中でも塊ができないため超音波検査で疑いがある場合は開腹手術を行い検査機関に組織を送らなければ確定できない高分化型(小細胞性)リンパ腫が増えています。治療は抗がん剤になりますので、当院ではよく飼い主様とお話をして、治療計画を立てています。

 犬では柴犬の慢性の胃腸障害(食欲不振、嘔吐、下痢)で今まで炎症性腸疾患(IBD)と診断されていた中にこの高分化型リンパ腫が含まれているであろうという話が出ました。確定は難しく当院にある内視鏡で通常はIBDの診断がつくのですが、この中にあるかもしれない高分化型リンパ腫を考えながら、今後は治療することになります。

 今回の学会では学会が認定する認定医Ⅰ種とⅡ種の合格者に対しての認定証授与式がありました。当院の淺田慎也獣医師はⅡ種に合格したのですが、手続きが間に合わず、当日認定証はもらえませんでしたので、後日届いた時点で改めてご紹介します。富山県内ではこの「獣医腫瘍科認定医Ⅱ種」を取得して各病院で常勤している獣医師は4名でうち2名(私を入れ)が当院ですので、今まで以上に腫瘍に対しての治療やそれ以外の腫瘍に関連した種々のご相談もお受けできると思います。

 IMG_1327.JPG

院長 吉田俊一

第106回日本獣医循環器学会に参加してきました。

61618日の日程で、私は1718日で参加してまいりました。

会場は埼玉県の大宮ソニックシティです。

 

DSC_0644.JPG


この学会は例年日本獣医麻酔外科学会と日本獣医画像診断学会との合同学会となっており、

本年は日本獣医内視鏡外科研究会も加わり、多くの獣医師が参加しました。

 

循環器学会としての今回の大きなテーマの一つは、昨年発表されたEPICスタディという研究についてです。

小型犬に多い心臓疾患である僧帽弁閉鎖不全症については、重症度に応じた分類(ACVIMのステージAB1B2CD)がされております。

ピモベンダンという薬の使用時期については、以前はうっ血性心不全(肺水腫)を発症したステージCからとされてきました。

今回発表されたEPICスタディでは、ステージB2(肺水腫がなくて心拡大はある)で左心房と左心室の両方の拡大を伴うものを対象にピモベンダンを使用し、ステージCに入るまでの期間を延長、さらに、その余命の延長も認められたという結果となりました。

前回内科学アカデミー参加の時に「僧帽弁閉鎖不全症の治療としては外科手術が可能となってきた」というお話をしました。

しかし手術を実施できる施設に限りがあるなど、外科治療を選択できないケースも多いことから、内科治療(薬)で肺水腫を起こさない、苦しくない時間を長く維持できる可能性を示したこの研究の意義は大きく、当院でもその結果を踏まえたご説明と治療を実施したいと思っております。

ここでは詳細は書ききれませんので、ご質問等ございましたら、来院時にご質問いただければと思います。

 

DSC_0642.JPG

 

阿部素子