開院35周年!

 当院が開院したのは昭和59年5月8日です。当時は今と違い、感染症(フィラリア、ジステンパー、パルボ腸炎など)や交通事故、殺鼠剤中毒などが多く、10歳までに命を落とすことが多かったです。
 現在は食事、室内飼育、予防の充実により本来の寿命を全うできるまでになった結果、加齢に伴う病気(心臓、腎臓、ホルモン異常)が増え、そのため診断・治療に高度な技術と知識を必要とする結果、スタッフの専門性(資格の取得など)や機材の高度化(CTの設置など)を行ってきました。
 これからも時代に沿った治療を心がけてまいります。尚、5月7日より飼い主様へ感謝の気持ちとして粗品を進呈いたします。

院長 吉田俊一

IMG_5905.JPG IMG_5906.JPG

IMG_5907.JPG IMG_5908.JPG

IMG_5909.JPG