今月の病気① 光線温熱化学療法(PHCT)

今月より1カ月に2回「今月の病気」と称して当院獣医師が自分の得意とする分野で病気について解説します。

光線温熱化学療法(PHCT)                    院長(総合科)吉田俊一  獣医腫瘍科認定医Ⅱ種

 光線温熱化学療法はガンに対する新しい治療法(先端医療)です。
 食生活や飼育環境の変化、また予防医学の進歩によりペットの寿命は飛躍的に延び、それに伴い病気も多様化しています。その中でもとりわけガンは人と同様にペットの死因のトップになり、その治療法は重要なテーマとなっています。
 ガンの治療は外科手術療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法が人と同じく3大治療と言われますが、それ以外にも免疫療法、温熱療法、遺伝子療法などがあります。
 今回紹介します光線温熱化学療法は温熱療法に化学療法を加えたものです。具体的にはインドシアニングリーン(ICG)修飾リポソーム(ICG-Lipo)を血管内に投与し腫瘍組織内に蓄積させた後、外部より光照射(レーザー)する方法です。
 *インドシアニングリーン(ICG)とは
  インドシアニングリーンは医学領域では胆管道系検査薬として使用されてきた薬剤で安全性は十分に認識されています。本剤は800nmの光を吸収して発熱する性質(温熱効果)と600~800nmの光に反応して活性酸素を誘導する性質(光線力学的効果)が分かっています。
 *インドシアニングリーン修飾リポソーム(ICG-Lipo)とは
  細胞膜と同じ材料で作られた小さな気泡(小胞)をリポソームと言い、このリポソーム内に抗がん剤など種々の物質を内包させ、これをICGに結合させたものです。

ラブラドールレトリバーMIX 2002.8.1生 避妊雌 21Kg
 左眼下と頬粘膜の腫瘍。CT検査により鼻の中(鼻腔)及び目のくぼみの底(眼窩)に腫瘍の広がり(浸潤)を確認。
 治療は外科手術の対象とならない顔の広範囲の腫瘍でかつ頻回全身麻酔を必要とする放射線治療は高齢により回避した結果、光線温熱化学療法に加え免疫療法(丸山ワクチン)とオゾン療法を行った。

1.顔の腫瘍の様子
IMG_3641.JPG

2.CT検査結果
HANABI.jpg  HANABI0001.jpg

3.治療の様子
 1)点滴(ICG-Lipo)は60分を一週間毎に3回実施
IMG_3738.JPG

 2)レーザー照射(冷やしたジェルを入れた袋越しに毎日~週3回照射)
IMG_3732.JPG

 3)オゾン療法(肛門より注入)
IMG_3707.JPGのサムネール画像

 *オゾン療法とは
 人の医学分野ではヨーロッパ特にドイツを中心に治療が行われています。オゾンの殺菌作用だけでなく免疫調整作用、消炎鎮痛作用、抗がん作用による治療効果をあげています。
 動物では肛門からオゾンガスを注入することが多く、全く痛みや不快感がないのが特徴です。