獣医神経病学会に参加してきました。

7月8〜9日に東京で開催された獣医神経病学会2017に参加してきました。

今回の主要なテーマはMRI検査や放射線治療についてでした。MRIは主にCTでは実施できない脳や脊髄の画像検査に対して用いられます。

昔に比べて機器の性能も上がり、技術も向上しているため画像から様々な情報を得ることができるようになっています。

これにより脳や脊髄についてさらに詳しく診断できるようになっています。また腫瘍に対して行う放射線治療も日々進歩しており、副作用をできる限り少なく、そしてより効果的な治療ができるように研究がなされていました。

直接当院で実践できる内容ではありませんが、ペットの高齢化により神経の腫瘍に遭遇する機会も増えているため、現在行える最新の検査・治療について学ぶ良い機会になりました。

 淺田先生.JPG

淺田慎也