仔犬・仔猫を迎えたら│病気編

「仔犬や仔猫に健やかに育ってほしい」


これは仔犬や仔猫を迎えた全ての飼い主さんが願うことではないでしょうか。

仔犬や仔猫は人間と同じで、成長すれば体調を崩すことや病気を発症することも少なくなりますが、幼少期では、普段の過ごし方次第で気をつけなければならない病気がたくさんがあります。

今回は仔犬や仔猫のかかりやすい病気についてお話しします。


2匹の犬.jpg


仔犬の時にかかりやすい病気について


〇伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)

 仔犬は母親の初乳(出産後初めて飲む母乳)から免疫をもらうことで、幼少期(生後1~2ヶ月)の感染などから身を守ります

しかし、これが十分でなければ容易に感染してしまう可能性があります。


最も多く見られる仔犬の病気は伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)です

その原因はウイルスや細菌などで、感染している仔犬から蔓延してきます。

症状はくしゃみや鼻水、咳などの呼吸器症状が多いですが、悪化すると肺炎まで進行する場合もあります


自然治癒することもありますが、症状が改善しない、もしくは悪化していく場合は治療が必要です。

症状が見られる場合は動物病院を受診し、状態に合わせて薬を処方してもらいましょう。

また、ワクチン接種を行うことで、この疾患に関与するウイルスは予防(完全に発症を抑えられるものではなく、発症した場合にほぼ軽症で抑えられる)できるため、必ず接種しましょう。


〇胃腸炎

次に仔犬に多く見られる病気は「胃腸炎」です。

仔犬は、口にするもの全てが初めてであるため、おやつやご飯を新しいものに変えただけで吐いてしまったり下痢をしてしまったりします。


また、異物の誤食が原因で胃腸炎を起こすこともあります

食べたものが、味付けが濃いもの、胃腸粘膜を傷つけるもの等であれば症状として出てくることがあります。

小さなものや紙切れなどの柔らかいものであれば便で出てくることもありますが、大きなものや尖ったものは胃の中に残っていたり、腸に流れて途中で詰まってしまうことがあります。

中毒物質(チョコレートや玉ねぎなど)を食べてしまうこともありますので注意が必要です。


治療や処置としては、単純な胃腸炎であれば整腸剤や吐き気止め、下痢止めなどで対症療法を行います。

異物誤食の場合、食べた直後であれば動物病院にて催吐処置を実施できますが、大きさや形状によっては全身麻酔をかけて内視鏡で摘出しなければならない場合があります。

腸に詰まってしまった場合は手術が必要です。



仔猫の時にかかりやすい病気について


〇ウイルス性鼻気管炎

仔猫がかかりやすい病気としては「ウイルス性鼻気管支炎」があげられます。 


この病気もウイルスの感染によって引き起こされ、他の仔猫に伝染していきます。

鼻水やくしゃみ、目脂が主な症状で、悪化すると重度の結膜炎などで目が開かなくなってしまうこともあります。


治療や処置としては、点眼や抗生物質やインターフェロンの投与となります。

 

〇皮膚糸状菌症

「皮膚糸状菌症」も仔猫によく見られる病気です。 

この病気は免疫力の低い仔猫(仔犬にも見られることがあります)などに起きやすい皮膚病で、「糸状菌」というカビの一種が皮膚に感染して皮膚炎を引き起こします


顔(特に耳や鼻口周り)に症状が出ることが多く、大量の鱗屑(りんせつ)や痂皮(かひ)、いわゆるフケが出てきます

痒みを伴うこともあり、掻いたところに飛び火して全身に広がってしまいます

また、この病気は猫同士で感染が広がるだけでなく、人間にも感染します。


治療や処置としては、抗真菌剤による治療(軟膏や飲み薬)が必要になりますので、症状が疑われる場合は早めに動物病院を受診しましょう。


まとめ

仔犬や仔猫は体も小さく免疫力も弱いです。

しかし病気について事前に知っておけば予防ができるものもあります。

我々人間が責任を持って、幸せな生活を送れるようサポートしてあげましょう。


当院では、仔犬と接する際の注意点や基本的な考え方を学ぶための「パピーパーティ」を週に1度開催しています。仔犬を迎え入れたばかりの飼い主さんは、ぜひご参加ください。

※生後4ヶ月までの仔犬(初回ワクチン接種後1ヶ月以上経過し、健康で検便済であること)が対象です。


<パピーパーティについての詳細はこちら>


<パピーパーティの様子はこちら>


富山県射水市の動物病院 吉田動物病院
TEL:0766-52-1517

仔犬・仔猫を迎えたら│健康診断・予防診療編

新型ウイルスが流行する中、在宅ワークなどで自宅にいる機会が増えている方もいらっしゃるかと思います。

徐々に旅行や外出制限も緩和されてきている今日この頃ですが、

心の拠り所となってくれる仔犬や仔猫が自宅にいると幸せですよね。


しかし、相手は動物、しかも言葉を喋れません。いわば人間の赤ちゃんと同じです。

このため、仔犬や仔猫を迎え入れる際は「健康診断」と病気の「予防」が必要です。

これから新たな家族を迎え入れる前に、「健康診断」と「予防」の大切さを少しでもご理解いただければ幸いです。





仔犬・仔猫の健康診断について

仔犬や仔猫を迎え入れたあとは、まずは自宅に慣れさせてあげましょう

迎え入れて間もない子を、病気でないのに動物病院に連れていくのはあまりおすすめしません。

生後6ヶ月前後で避妊手術や去勢手術を受けられますが、ワクチンの接種がまだ終わっていない場合には、ワクチン接種のタイミングで健康診断を行ってもらいましょう。




仔犬の予防診療について

 自宅に迎え入れた後は次に病気の「予防」を行っていきましょう。


 まずはワクチンですが、これは2種類あります。

1つ目が狂犬病ワクチン2つ目が混合ワクチンです。

前者は国が定める法律で年に1回の接種が義務づけられています


後者は環境中に常に存在するウイルスから身を守るためのものです。

これは、イメージは人間の赤ちゃんが将来怖い感染症にならないために予防接種(ワクチン)を行うことと同じです。

人間と少し違うのが、体内のワクチンの成分「抗体」が約2−3年でその効果が弱まってしまうことです。

このため毎年(初年度は2−3回)接種または抗体検査をお勧めします。


 次にフィラリア症についてです。フィラリアとは、「蚊」が媒介する怖い寄生虫フィラリアを持った蚊が犬の血を吸った際に犬の体の中にフィラリアが侵入し、体の中で成長し最後には心臓を壊してしまいます


蚊が見られなくなってから1ヶ月後(富山では5月末~11月末)まで毎月感染を防ぐ予防薬を飲ませましょう

なお、飲み薬タイプの予防薬はノミダニ感染の予防も一緒にしてくれるものが多いため、おすすめです。


 最後に避妊手術去勢手術ですが、こちらも実施をおすすめします。生後6ヶ月前後で行うと、将来的に卵巣や精巣によって引き起こされる病気(乳腺癌や子宮蓄膿症、精巣の癌、会陰ヘルニアなど)になるリスクを大きく減らすことができるのです。




仔猫の予防診療について

 混合ワクチンに関しては仔犬と同様ですが、猫の場合狂犬病ワクチンの接種義務はありません。

また、猫はノミやダニによって媒介される病気も多いためその予防が大切です。

こちらは背中に塗布する(毛と毛をかき分けて皮膚に塗布する)タイプで、毎月行いましょう。


犬と比較して感染するケースは少ないですが、猫もフィラリアに感染する場合があり、犬よりも危険な状態になりますので、塗布タイプの薬での予防をおすすめします




まとめ

 犬や猫は我々と同じ生き物です。そのため、健康診断や予防を行わなければ簡単に病気になります。

迎え入れる子たちの健やかな生活のためにも、適切な時期に健康診断や予防を行いましょう。


当院では、仔犬と接する際の注意点や基本的な考え方を学ぶための「パピーパーティ」を週に1度開催しています。仔犬を迎え入れたばかりの飼い主さんは、ぜひご参加ください。

※生後4ヶ月までの仔犬(初回ワクチン接種後1ヶ月以上経過し、健康で検便済であること)が対象です。


<パピーパーティについての詳細はこちら>


<パピーパーティの様子はこちら>



次回は「仔犬・仔猫を迎えたら│お家での過ごし方・ごはん編」について解説します。


富山県射水市の動物病院 吉田動物病院

TEL:0766-52-1517

仔犬・仔猫を迎えたら│お家での過ごし方・ごはん編

初めて仔犬や仔猫を迎え入れる方にとって、自宅での遊ばせ方やお散歩をしていい時期、ごはんの種類や回数など、わからないことは多いと思います。


今回は、仔犬や仔猫を迎え入れることを検討している、もしくは既に一緒に生活し始めた方向けに、お家での過ごし方やごはんの与え方について解説します。





仔犬とのお家での過ごし方について

まず、迎え入れた初日は行動範囲をある程度制限しましょう。家の中は危険でいっぱいです。


例えば、落ちているものはなんでも口に入れて飲み込みますし、大切な絨毯に粗相をすることもあります。

事前にサークルやケージなどを購入しておき、1歳を過ぎるまで、人が見ていない時は必ずケージに入れるようにしましょう


1-2週間ほどで環境に慣れ始めるため、1日数回は自由に歩き回らせたりおもちゃで遊んであげたりしましょう。


また、屋外へのお散歩は混合ワクチンの接種が完了してから行いましょう。この時期に屋外で他の犬を認識させることで社会性を身につけることとなります。




仔猫とのお家での過ごし方について

仔犬と同様、まずはケージ内で生活させましょう。猫は犬と異なり、トイレを自分で認識するためケージ内に猫砂入りや機能トイレを入れておくとしてくれることがあります(ただし、生後1ヶ月前後の場合は介助が必要です)。


仔猫を自由に歩かせたり、おもちゃで遊ばせたりすると、大興奮して過呼吸となり、口を開けてハアハアと息をする場合があります


仔犬では問題ない行為ですが、仔猫の場合はこのサインが見られたら一度ケージに戻して落ち着くのを待ちましょう


猫は室内飼育であれば屋外の散歩は必要なく、キャットタワーなどを設置して活動範囲を広げてあげましょう。


仔犬ほど誤食は多くありませんが、ひも状のものを好み時に飲み込んでしまう為、おもちゃとして遊ばせる際は十分に注意し、家の中に裁縫糸などが落ちていないかどうか常に確認しましょう




仔犬期のごはんについて

 ごはんは仔犬用のドッグフードを与えましょう

仔犬用のミルクは乳歯が生えはじめた時点で必要なくなります。

生後6か月前後までは、体が急激に成長していくため常にエネルギーの素となる栄養分が必要となります。


仔犬は体内で蓄えられる栄養分が少ないため、13-4回のごはんを与えましょう

1日に与えるご飯の量は体重ごとで変わってきますので、ドッグフードのパッケージに記載されている内容を確認するようにしましょう。


また、おやつに関しては必須ではありませんが、可能であれば、普段与えているドッグフードを数粒おやつとしてあげてください。




仔猫期のごはんについて

 仔犬同様仔猫用のキャットフードを与えましょう

また、仔猫の場合、おやつをあげることはあまりないかと思われますが、あげる際は食物アレルギーに気をつけましょう。




まとめ

 仔犬や仔猫を飼うということに明確な規則や決まりがある訳ではありません。

しかし、仔犬や仔猫を飼うことは、人間の赤ちゃんをお世話することと同じです。


決して「動物だから」という認識で接してはいけません。我々人間と同様、同じ生き物ですので、迎え入れた際は大切にしてあげてください。



当院では、仔犬と接する際の注意点や基本的な考え方を学ぶための「パピーパーティ」を週に1度開催しています。仔犬を迎え入れたばかりの飼い主さんは、ぜひご参加ください。

※生後4ヶ月までの仔犬(初回ワクチン接種後1ヶ月以上経過し、健康で検便済であること)が対象です。


<パピーパーティについての詳細はこちら>


<パピーパーティの様子はこちら>



次回は「仔犬・仔猫を迎えたら-病気編-」について解説します。


富山県射水市の動物病院 吉田動物病院

TEL:0766-52-1517

カテゴリー

アーカイブ