行楽地へ行く方に

ペットを連れて遠出する場合、特にワンちゃんや人に感染する可能性のある病気についての紹介です。

◆レプトスピラ症
山や川など野生動物が行き来する所は要注意!
病原性レプトスピラ菌は、ネズミのようなげっ歯類などの野生動物が持っています。
感染した動物の多くが保菌動物となり、菌は尿中に排出されます。
よって、尿で汚染された土壌や水に接触し、口、皮膚などから体内に入ると人や犬に感染します。
※ワクチンで予防できます。

◆エキノコックス症
犬やキツネの糞から感染する寄生虫で、人間に重い肝機能障害を起こします。
元は北海道で見られた病気ですが、最近は本州でも見つかっています。
※駆虫薬で予防できます。

◆ライム病
ダニ媒介性疾患で、マダニから犬や人にも感染します。
人では、初期に遊走性紅斑などがみられます。
※スポット剤で予防できます。

◆日本紅斑熱
ライム病と同様でダニに咬まれ感染します。
人では、発熱、発疹などの症状が見られます。
※スポット剤で予防できます。

また、サービスエリアは山の中にあることが多く、レプトスピラ症や他のウイルス感染症になったり、野生動物が持つ寄生虫に感染する可能性があります。
ワンちゃんの排泄はできるだけお出かけ前に済ませ、旅先ではペットシーツを利用するなどの対策をとると良いでしょう。

52808.png


                    吉田動物病院 院長 吉田俊一

中秋の名月!

コロナとの付き合い方が解ってきて秋の行楽シーズンを迎えるにあたり
飼い主さんの行動範囲も広くなると思いますが、ペットたちの健康チェックもお願いします。
例えばSFTS(重症熱性血小板減少症)は夏の30℃以上の外気温ではダニも活動性が低下しますが、
むしろこの9月~10月が5~6月と同様に危険度が増します。
くれぐれもダニ・ノミ対策の継続を忘れずに!

IMG_1281.JPG IMG_1282.JPG

IMG_1283.JPG IMG_1284.JPG

カテゴリー

アーカイブ