臨時休診及び臨時診療のお知らせ

<休診日>
11月21日(土)
学会出席のため臨時休診になります。
尚、継続の薬や療法食のお渡しは可能です。

<診察日>
11月22日(日) 午前9時~12時
午前中、9時~12時の間診察致します。

「鳥類臨床研究会 第19回年次大会」に行ってきました

この大会は、主に鳥を専門に診ておられる先生方が症例を発表する、年に1回の、おそらく国内の鳥の学会としては一番大きな学会で、今年で19回目となります。

私は鳥類臨床研究会の発足間もない頃の大会にも参加したことがありますが、当時は参加される先生方も今ほどは多くなく、また鳥の臨床がまだまだ発展途上だった感もあり、会を発足させた先生方は「もっと鳥の臨床を発展させ、鳥のためにも、飼い主様のためにも、この分野を盛り上げていきましょう」とお話されていた記憶があります。

そして今回、はや19回目を迎えるこの大会に、久しぶりに参加して、まず最初に思ったことは、もはや鳥の臨床分野は発展途上ではないということ。治療や診断の幅も広がり、そして何より鳥に興味をもち、鳥を診る先生も増えているということ。発表された症例も、犬・猫に劣らず、内容の濃いもので、日々の鳥の診察ですぐさま応用していけるものばかりでした。

この大会に参加すると、毎回1日があっという間で、本当に勉強になるのですが、何より(個人的に)素晴らしいのは、名高い鳥の専門医の先生方と久しぶりにお会いし、お話が出来るということで、私が診察で分からない事や不安な事などを相談すると、どの先生も皆、丁寧に親身になって対応して下さるのです。

このように諸先生方から助言と温かい励ましを頂き、鳥の臨床をもっともっと勉強していこうと心に誓った1日でした。
              
                                                                                     井出 いづみ

当院では盲導犬も来院します

盲導犬1.png

10月からのキャンペーン

<犬>
新規でヒルズの体重管理用フード(r/d・w/d・メタボリックス)を続けて購入(1回に2㎏以上)するごとに(2回目・3回目限定)にもれなく500円分のQUOカードをプレゼント致します。
10月キャンペーン犬.png

<猫>
新規でヒルズの猫下部尿路疾患用フードを続けて(1回に2㎏以上)すると(2回目限定)にもれなく500円分のQUOカードをプレゼント致します。

10月キャンペーン猫.png

ハロウィン!

10月31日はハロウィンです。

待合室にはたくさんの怖い顔や滑稽な顔のカボチャを置きました。

悪い霊(病気)を怖がらせて追い払えるでしょう。

カボチャの木のサムネール画像のサムネール画像

ハロウィン(大)のサムネール画像のサムネール画像

かぼちゃのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


獣医中医師1級取得

中医師1級日本獣医中医薬学院の本科(2年間)課程を修め試験に合格し、獣医中医師1級の資格を取得しました。

今後、飼い主様と動物達の為に、西洋医学に加え、中医学(中薬・鍼灸・推拿・気功・薬膳)を取り入れた治療を実践します。
 
                                       吉田 理栄子・高村 文子

獣医中医師とは、中国の伝統医学である、中医学を実践する獣医師のことです。

中医学とは中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学であり、〝精〟〝気〟〝神〟の3つの宝を強調し、陰陽説と五行説を核心理論として、五臓六腑・気・血・津液の生理病理を説明し、また、望診・聞診・問診・切診を通し、患者の病状・病性・病位を把握し、その上に患者の証(全体像)を立てて、一番合う有効的な治療、つまり中薬・鍼灸・推拿・気功・薬膳などを行います。